Qaijff

Organism

適当にタイプしたんじゃありません。Qaijff(クアイフ)という、ピアノヴォーカル、ベース、ドラムの3ピースバンド。潔くギターレス。

Qaijffオフィシャルサイト

youtubeでインディーズバンド動画をひたすらザッピングする日々を送ってたところ、このバンドに衝撃を受けました。さっそく『 organism』と『 Life is Wonderful』 の2枚のアルバムをゲットしたので、感想書いておきます。発売は去年と2年前だった。なんという今更感!

Qaijff

 

 

 

 

 

『organism』のほうのコンセプトが素晴らしく、統一感が感じられる良いアルバムだった。

1曲めは表題の『organism』。

体内に宿った僕は小さな生命体 愛情を餌にして体液の海を泳ぐ

という歌詞から始まる。最後6曲めの『lost world』では

君と生きよう この世界で 探し物はなんだった

で終わっていくという。まるで人生の縮図を見ているかのよう。最後「探し物はなんだった」が何度もリフレインされているのが印象的だった。

アルバム全体を通して個人的には『 Life is Wonderful』よりも『Organism』のほうが好みだった。後で気付いたけど、それはきっと全ての歌詞をボーカルの森彩乃さんが書いているから、というのが大きいのかもしれない。

nord leadがいいですねー。赤いキーボード。おしゃれかっこいい。

サウンド面はというと、Ⅰ/Ⅲという分数コードが多用されているように思えた。でもこれはあえてなのだろう。突き抜けるような疾走感と高揚感を表すにはとても都合のよいものだし、現にこれがあったからこそのアルバムの統一感だと思う(というかこれが嫌いな人はいない!はず)。とにかく全曲が美しいメロディーかつアレンジでした。

それと、ギターレスとはいいつつも、サポートで必要分だけギターが入っていたり、シンセストリングスが入っていたり、効果的にベースや鍵盤を歪ませたり、鍵盤をダビングしてあったりと、音の厚みが足りない、なんてことはなくむしろ迫力があった。キレイだけじゃ物足りない。やっぱりポップスには歪みが必要なんだ。

帯をみると「プログレッシブピアノポップバンド」とある。この肩書きは本人たちの思わくだろうか?まあそれはさておき、メンバーそれぞれとても高度な技術を駆使しているにもかかわらず、あまりそこに耳がもっていかれない、というのが良い。あくまで技術は歌を聴(効)かせるエッセンス。そのさりげなさがとても好印象だった。

このバンド、今年メジャーデビューするそう。その際どんな形で新曲を送り出してくるのか。「ギター入れたら売れるからさ、サポートって形でがっつりギター入れちゃおうよ~。ライブ映えもするし」なんていうディレクターがいたらそいつはとんでもないゴミクズだ。どうかこのバンドのありのままを見せてくれる、そんなメジャーデビューになりますように。

あっ下北沢で来月ライブあるのね、行きたいなあ。

 

 

2017.5.8追記

本人らのサイトを見ると、肩書きが 絶対的、鍵盤系ドラマチックポップバンド となっていました。うーん。たしかにこっちのほうがしっくりくるかも。

関連記事

  1. kiryu_panhu1
  2. スクリーンショット 2016-08-12 23.51.39
  3. 800st_header
  4. kuro-dachi_clone
  5. questory1

ABOUT

作曲、編曲家として活動している前口渉のオフィシャルウェブサイトです。買ったもの、見たもの、食べたもの、行った場所、そのほか色々書いていきます。お問い合わせはCONTACTページよりお願い致します。

CATEGORY

twitter