小は大を兼ねるのか!?

P1070699e

おかしな話だけれど、わりと無くはないんです、それ。気持ち的な話だけれど。

約2ヶ月前、Abrasusの「小さい財布」というものを買った。おかげで、少しだけ生活が変わったのでご紹介しておこうと思う。

以前はilbisonteの革財布を使っていたのだけれど、だいぶ古くなってきたしここらで新調しようと思ったのがきっかけ。そしてどうせ変えるならシンプルなものが良かった。

それからいろいろ探した。本気でマジックテープのバリバリ財布でもいいかなと思った。けれど結局行き着いたところはAbrasusの「小さい財布」。ネットをよく見る人は、見たことあるかもしれない。名前の通り小さな財布。比較検討した中ではダントツに小さかった。そして機能的だった。

abrasus

開封したところ。ステッカーが付いていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

これの良いところは何と言っても小さいこと。持っていることを忘れるぐらい。iPhoneSE(5と同じサイズ)と比較してもこのぐらい。本当に小さい。

左は尿液晶のiPhone SE

手に収めた感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな小さくてお金が入るの?というとこれがよく考えられた構造で、しっかり収まるのだ。
お札10枚ぐらいと小銭20枚ぐらいは収まる。でもせっかくの小さい財布なのでそんなに入れないようにはしてるけれど。厚めのカードは5枚まで入るようになっている。免許、クレカ、銀行カード。(保険証は薄いので枚数には数えない。)この3枚は常備。あとの2枚ぐらいは出かける場所によって入れ替える。

三つ折りなので、当然お札も3つ折りにクセがついちゃいます。神経質な人は無理だと思う。

カード入れ

カード入れ

小銭入れ

小銭入れ

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、冒頭の”生活が変わった”というのは具体的にどういうことかというと。

まず、極力小銭を持たなくなった。出かける前に財布をチェックして50円玉以下の小銭は全て家の貯金箱に突っ込むようになったし、 食事したお店、買い物したお店などに募金箱があれば募金しておくようになった。これは別に誰かのためを思っての募金ではない。財布の中身がごちゃごちゃになるのが嫌だから、という理由だけ。無駄なカードも捨てた。もしくは保管した。出かける時に必要なものだけ準備する。そしてなにより小さいというのは良い。どんなポケットにも入るし、かさばらない。ジョギングの時もアームポーチに入るし。

荷物をシンプルにして出かけるというのは気持ちがいいものだ。いつもどおりの生活でも気持ちが変わるだけで違って見えてくるのだった。

 

ただ、荷物をぎっしり詰めたカバンも嫌いではない。むしろワクワクする。

関連記事

  1. kuro-dachi_clone

ABOUT

作曲、編曲家として活動している前口渉のオフィシャルウェブサイトです。買ったもの、見たもの、食べたもの、行った場所、そのほか色々書いていきます。お問い合わせはCONTACTページよりお願い致します。

CATEGORY

twitter