ヘッドホン、やめました。

800st_header

モニター環境を変えようと、ヘッドホンを新調しようと思った。

 

けどヘッドホンってけっこう重いしかさばるし、肩こるし。あと風呂上がりの髪が湿ってるときに付けちゃうとなんか気持ち悪いし、いっそのこともうイヤホンにするかなー、ってことでいろいろ検討してみた。

 

もともと使っていたヘッドホンはこれ。

900st

SONYのMDR-CD900ST

 

 

 

 

 

 

と、これ。

900X

audio technicaのATH−A900X

 

 

 

 

 

 

 

別に上記二つは悪いというわけではなく、ただ単に飽きちゃっただけ。とくにオーテクのほうは素晴らしい。モニター用途でもリスニング用途でもいける。それにウイングサポートも頭にフィットしてくれて長時間使用してもそれほど疲れない。愛用しすぎてイヤーパッドを2回交換したほど。

 

さてそんな愛用品に取って代わる予定なのが今回購入したSONYのMDR-EX800ST。

800st_01

2万円ぐらいだった。

 

 

 

 

 

 

しばらく試したので使用感などメモしておきます。

 

音質

 

慣れるために数日間、殆どの作業をモニタースピーカーではなく、このイヤホンで行ってみた。そこで一番感じたのはとてもシンプルな音質なんだな、ということ。良い意味で味気なく、なるほど業務用というのがよくわかる。リバーブやディレイの減衰などをしっかり聞き取れるので、制作で使用するにはもってこいだと思った。ただこれは作る側目線であって、リスニング用途として使う気はしない。

 

装着感

 

長時間装着しても違和感や痛みなどない。数時間つけて作業していると、それを忘れるぐらいだった。その点で装着感はとても良い。3種類のイヤーピースが付属しており、自分の耳に合わせて大きめのものに換装した。

800st_02

付属品はイヤーピースと専用ケースのみ。

 

 

 

 

 

 

 

良かった点

 

  • 制作するうえではメガネっこには良い。ヘッドホンだと耳横が痛くなる。ちなみに900STは耳横めっちゃ痛くなる。メガネとの相性で。
  • ケーブルが長い。1.6mある。リスニング用途として一般的には長いと邪魔なんだろうけど、これは音楽鑑賞用ではない。モニター用はオーディオインターフェイスからの距離も考慮すると長いと便利。

 

気になった点

 

  • ずーーーっと聞き続けると頭が(脳内)が疲れる。でも4時間とか5時間とかの話なので、きっとこれに限ったことじゃないのかもしれない。
  • 見た目的な問題で、もう少しプレミアム感が欲しかった。とくにケーブル。

 

以上が使用感でした。

 

ちなみにこのイヤホン、飾り気など一切ないただの厚紙白箱に収められていた。

800st_hako

なんとも簡素な。。

 

 

 

 

 

 

この梱包がまるで音の方向性を印象付けているようで、なんだか納得してしまった。たしかにこの外装から出てきたイヤホンが派手な音だったらなんか違う。

 

 

関連記事

  1. 4
  2. Organism

    2017.05.07

    Qaijff
  3. questory1
  4. thum2
  5. P1060046

    2015.07.29

    根付のススメ
  6. Cubase9pro

ABOUT

作曲、編曲家として活動している前口渉のオフィシャルウェブサイトです。買ったもの、見たもの、食べたもの、行った場所、そのほか色々書いていきます。お問い合わせはCONTACTページよりお願い致します。

CATEGORY

twitter